未分類一覧

マッケンジーテクニック

 てんほうでは腰痛、肩こりなどの治療後、症状改善のためのリハビリ、再発防止のための運動療法として、症状に合った運動法を指導しています。マッケンジーテクニックは今まであった腰痛体操と異なり、急性期から用いることの出来る運動療法で、最終的にはよりよい姿勢を維持することにより、再発防止につながる効果的な運動療法として、腰痛以外にも肩こり、首痛、頭痛、坐骨神経痛などの方に指導しています。

 腰の椎間板ヘルニアなどの場合にも、髄核を正しい位置に戻す作用もあり、大変効果的な運動ですが、基本的な運動を覚えることで、比較的簡単に習得でき、ご自宅でも継続しやすい運動療法です。

「ラジオ体操みたいな運動」も含まれていますが、筋力を高めることや動きそのものよりも、姿勢と負荷のかかる部位をいかに正確に行なえるかが効果を左右しますので、実際には治療者が正しく行なえるように指導しております。

てんほうでは「とりあえずの痛み」は指圧・鍼灸による治療で大幅に改善できますので、治療効果を高めることと、再発防止を目的に運動療法を扱っております。そのため、痛い状態で我慢しながら運動を行なう、ということはお勧めしておりません。痛みが改善、または軽くなった状態での運動療法の方が、恐怖感もなく、効果的に行なうことが出来ます。